ドレスコードって知ってますか?

ドレスコードとは、とある場所に行くもしくは参加する場合の「服装のルール」といったところでしょうか。

冠婚葬祭やクラブでよく聞くと思いますが、欧米では食事に行く際にもドレスコードがあります。
日本国内でもドレスコードを指定しているレストランは少なくありません。

知らなくて恥をかいた!なんてことのないようにきちんと知っておきましょう。

ドレスコードの種類

フォーマル(正装)

最も格式高いドレスコードですが、なかなか着用する機会はありません。
女性のフォーマルの服装は昼なら袖やスカート丈が長いアフタヌーンドレス、夜なら胸元や背中が開いたロング丈のイブニングドレスとなります。

セミフォーマル(準礼装)

結婚式、披露宴のお呼ばれ、入学式や卒業式に出席するなど、比較的求められるシーンが多いドレスコードです。
女性はワンピースやスーツ、ドレスがセミフォーマルと言えます。素材はシルクやウールなどの高級感があるものがいいでしょう。

インフォーマル(略礼装)

カジュアルな結婚式やレストランウェディングに参加する際にはインフォーマルで大丈夫な場合が多いです。
オシャレなワンピースやスーツがインフォーマルといえるでしょう。

レストランでよく見かけるドレスコードは?

スマートエレガンス

フォーマルに近い装いで、インフォーマルやセミフォーマルなワンピースやドレスの中でも堅苦しくないようなものならOK。
少しドレッシーなイメージですかね。

カジュアルエレガンス

日常的でカジュアルな装いです。ホテルや高級レストランで指定されることが多いですね。
あまり露出のないワンピースがおすすめです。

スマートカジュアル

カジュアルよりもきちんとした装いがスマートカジュアルと考えていいでしょう。
ワンピースはもちろん、ブラウスとスカート、パンツでもOK。デニムやスキニ―パンツ、レギンスはNGですよ。
少し華やかなオフィススタイルでもいいかもしれませんね。

おまけ

ドレスを着る際は、生脚だとレストランによっては下品に見えてしまうことがあります。
そんな時はストッキングとパンプスを履けば一安心ですよ。

しかし、夏場に生脚にヒールを履くと上品に見えるので、時期やお店の雰囲気をしっかり把握することが大切ですね。

最後に

いかがでしたか?
ドレスコードといっても種類がありますし、お店によって指定されたものが違ったりするので服を選ぶのが大変ですよね。
しかし、その場に合った装いをすぐに用意できるのは女性として魅力的だと思いますよ♪