離島で楽しめる!オススメのマリンアクティビティ5選

沖縄旅行と言えばマリンスポーツ!

沖縄の魅力と言えば透明度の高いキレイな海。なかなか味わえない体験をしたいならマリンスポーツやマリンアクティビティで海と戯れるのがオススメです。

パラセーリング


パラシュートを使って海上を空中散歩しながら絶景を楽しむことができるパラセーリング。
5,000円~楽しめるプランや小さいお子さんも体験できるプランもあるので、沖縄を訪れる多くの観光客から人気を集めています。
アクションカメラをレンタルできるプランもあります。

クリアカヤック


透明なカヤック(小型ボート)に乗って海を回遊するアクティビティ。
透明度の高い沖縄の海だからこその景色を楽しむのにもってこいのマリンスポーツです。
カヤックに乗ったまま水中の景色をゆったり楽しめるので、泳ぎが苦手な方はもちろん小さいお子さんも安全に海を満喫することができます。まるで海の上に直接座っているようなインスタ映え間違いなし!の写真も撮れるので、若い世代からも人気です。

青の洞窟ツアー


沖縄にある青の洞窟と言えば恩納村にある真栄田岬の青の洞窟が有名。
洞窟の中に差し込む光が反射することで洞窟内や水が青く見え、幻想的な風景を楽しむことができる青の洞窟体験。
ボートで洞窟内に入って楽しむプランや、さらにシュノーケリングができるプランなど、ツアーによっても様々な楽しみ方ができます。

SUP(スタンドアップパドルボード)


安定感のある大きなサーフボードの上に乗ってパドルで漕いで海を楽しむアクティビティ。SUPの上でヨガを体験できるツアーがあったり、右、左とパドルを漕ぐ時に腰をひねる動きがあることで、ウエストが引き締まると女性にも人気のマリンスポーツです。SUPの上でヨガを楽しめるプログラムが用意されているところも。
「クリアSUP」という透明なボードで楽しむことができるSUPもあります。

シュノーケリング


シュノーケルをつけるだけで気軽に楽しめるシュノーケリング。ライセンスや大掛かりな装具が必要ないので、小さなお子さんでも楽しめる家族連れにも人気のアクティビティです。
ダイビングと違い浅瀬を泳ぐマリンスポーツですが、小さい魚と一緒に泳いだり、キレイな海の中を監察しながら泳いだりと沖縄旅行でも大人気のアクティビティになっています。

ツアー業者を通して安全に楽しみましょう!

沖縄はどこへ行っても海があるから……と自分たちだけで好きなように楽しむこともできそうですが、浅瀬で立とうとしてサンゴを傷つけてしまったり、意外と潮が早い場所があって遊泳禁止区域が定められていたりと、地元の方やくわしい方でないとわからない部分も多いもの。
旅行中、安全に楽しく過ごすためにも、マリンアクティビティを行う際にはぜひツアー業者を利用し、ルールを守って遊ぶようにしましょう。

死ぬまでに一度は行きたい!沖縄でオススメの観光地

沖縄には“人生で一度は見たい景色”がある

沖縄と言えば日本屈指の人気観光地。日本のみならず海外からの観光客や、学生の修学旅行先としても人気の地です。
そんな沖縄に旅行するならぜひここに行きたい!と人気の場所や、死ぬまでに一度は見ておきたい!という絶景の地を紹介していきます。

美ら海水族館(海洋博公園)


言わずとしれた沖縄の超有名水族館。水族館の目玉でもある巨大水槽「黒潮の海」などではジンベイザメやナンヨウマンタが間近で見られることでもおなじみで、沖縄観光のメインとも言えるスポットです。
ジンベイザメの他にもイルカやウミガメといった人気の海洋生物がたくさん暮らしており、中には触れ合うことができるものも。

美ら海水族館がある海洋博公園内には植物園やプラネタリウムなども併設されているので、一日中いても楽しめる施設になっています。
家族旅行にオススメです。

所在地:
〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
開館時間:
夏期(3月~9月)8:30~20:00※(入館締切19:00)
通常期(10月~2月)※8:30~18:30(入館締切17:30)
チケット代:
一般料金(8:30~16:00) 大人1,880円 / 高校生 1,250円 / 小・中学生 620円 / 6歳未満 無料
16:00~入館締切(4時からチケット) 大人1,310円 / 高校生 870円 / 小・中学生 430円 / 6歳未満 無料

ハテの浜


久米島の海に浮かぶ約7kmの真っ白な砂浜でできた無人島「ハテの浜」。久米島から近い順に「メーヌ浜」、「ナカノ浜」、「ハティヌ浜」という3つの島からなり、ツアーではナカノ島に行くプランが多いようです。
船以外にたどり着く術がなく、島にあるのは簡易的な売店とトイレだけ。
見える景色は青い海と青い空と白い砂浜だけ!という、日本とは思えない絶景大自然を満喫できる場所です。
波が穏やかな場所なので、シュノーケリングやSUPなど、ゆったりとしたマリンスポーツを楽しみたい方にもオススメです。

ハテの浜に行くだけのツアーや、シュノーケリングのみの半日ツアーなら大人3,000円程度から楽しめます。
ハテの浜ツアーを行っているホテルや宿泊施設を久米島で選ぶのも良いでしょう。

遮るものが何もないので、UVカット効果のある日除けになるものや、サンゴに優しい日焼け止めは忘れないようにしましょう。

所在地:
〒901-3100 沖縄県島尻郡久米島町

南十字星観測(星空観測タワー)


南半球から見える星座「南十字星」の全体が日本で見えるのは沖縄県の一部地域のみ。最南端の有人島である波照間島からも、12月~6月頃にかけて見ることができます。

沖縄は全体的に星が綺麗に見える地域ではありますが、旅行のメインを天体観測にしたいならぜひ訪れたいのが波照間島の南東部・高那崎にある『星空観測タワー』。“星空に一番近い島”とも言われている波照間島にあって、まわりに民家や街灯がなく、また気流の影響が少なく待機も安定しているため、くっきりと星を眺めることができる場所になっています。
館内には開閉式の天体ドームとプラネタリウムもあるので、万が一悪天候で星が見えない時でも、昼間でも天体ショーを楽しむことができます。

所在地:
〒907-1751 沖縄県八重山郡竹富町波照間3905
電話:
0980-85-8112
営業時間:
4月~10月10:00~17:00、20:00~22:00
11月~3月10:00~17:00、19:00~21:00
定休日:
月曜日、年始(1/1~1/3)、旧盆(旧暦7/12~7/16)

離島に泊まろう!【渡嘉敷島編】

有名観光地だからこそ!宿泊施設も充実


渡嘉敷島は比較的観光客も多いので、宿泊施設も充実しています。
格安の民宿から豪華なリゾートホテルまで様々あるので、好みのプランによって選ぶことができるのも魅力です。

とかしくマリンビレッジ

渡嘉敷島にある人気のリゾートホテル。ウミガメが見える渡嘉志久ビーチがすぐ近くにあり、人気の阿波連ビーチよりも遭遇率が高いため間近で観察することもできるとか。

<とかしくマリンビレッジ>

宿泊費:
一人10,000円~(プラン・人数により異なる)
住所:
〒901-3501 沖縄県島尻郡渡嘉敷村渡嘉敷1919-1
電話:
098-987-2426

ペンション シーフレンド

渡嘉敷港より車で10分のところにあるペンション。
阿波連ビーチまで徒歩1分と立地も良いのでダイビングや海遊びをしたい方にも最適です。
民宿タイプのお部屋のほかログハウスタイプのお部屋もあるので、木のぬくもりに包まれてゆったりと過ごしたい大人の旅行にもぴったり。

<ペンション シーフレンド>

宿泊費:
一人4,500円〜(プラン・人数により異なる)
住所:
〒901-3502 沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連155
電話:
098-987-2836

マリンハウス阿波連

阿波連ビーチまで徒歩2分のところにあるお宿。阿波連ビーチで遊べるプランはもちろん、夜の離島を楽しめる宿泊者限定の無料のナイトツアーを主催しており、現地でしか聞けない貴重なお話が聞けるかも?

<マリンハウス阿波連>

宿泊費:
一人5,273円〜(プラン・人数により異なる)
住所:
〒901-3502 沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連106
電話:
098-987-2335

ケラマテラス

全7室。渡嘉敷産の海の幸を使ったコース料理やラグジュアリーなお部屋、全室ジェットバスなど大人が贅沢するためのリゾートホテルなので15歳未満は宿泊できませんが、恋人や夫婦でゆったりと贅沢に過ごすのに最適な空間になっています。

<ケラマテラス>

宿泊費:
一人21,819円〜(プラン・人数により異なる)
住所:
〒901-3502 沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連103
電話:
098-987-3477

離島に泊まろう!【津堅島編】

津堅島に泊まろう


少ないですが、津堅島にも宿泊施設があります。ホテルはないので民宿一択になってしまいますが、朝から晩まで津堅島で過ごしたい場合や、連泊してマリンスポーツを楽しみたい場合には津堅島内の宿に泊まるのもオススメです。

民宿おうち-ouchi-

一棟貸し切り、一日一組限定で泊まれる民宿おうち-ouchi-。
おうちに居るようにリラックスできて、家族や仲間で水入らずの時間を過ごすことができます。
あえてテレビを置いていないのは、都会の喧騒から離れて“何もしない時間”を楽しんでもらうためだとか。

<民宿おうち-ouchi->

宿泊費:
(朝夕二食付き)一人8,000円 / 小人(3歳~小学生)6,000円 / 3歳未満無料
住 所:
〒904-2317沖縄県うるま市勝連津堅1524
電 話:
080-6482-4340

神谷荘

トマイ浜に面した民宿として人気の神谷荘。
基本プランは​大人7,000円、小人4,500円、幼児無料で朝食と夕食BBQの二食つきですが、特徴的なのが「写真撮影のプラン」があること。
ウエディングフォトや家族写真など、写真撮影のみでも利用できますし、宿泊などがセットになったプランもあります。
“どこを切り取っても絵になる”沖縄旅行、津堅島での思い出をプロのカメラマンに撮影してもらえます。

<神谷荘>

宿泊費:
(朝+夕BBQの二食付き)​大人 ¥7,000~ / 小人 4,500円~
住所:
〒904-2317 沖縄県うるま市勝連津堅1472-4
電話:
098-978-3027

南原旅館

素泊まりで一泊2000円、朝・夕二食付きで5,000円という満足の内容。“まさに民宿”という味わい深い内装で、ゆったりとした沖縄時間を過ごせます。

<南原旅館>

住所:
〒904-2317 沖縄県うるま市勝連津堅1524
電話:
098-978-3023

宿泊も日帰りも!

沖縄の離島は本島から日帰りで行ける場所が多いので、本島のホテルや旅館に泊まって日帰りで離島を楽しむのもオススメです。

※宿泊費などの情報は2021年7月時点のものです。詳しくは宿泊予定の施設へお問い合わせください。